海外からの観光客の急増

日本に観光で訪れる外国人が急増しているようだ。中でも、アジア諸国からの観光客の増加が際立っている。1つには、アジア諸国の経済成長によって、富裕層と中間層が急激に増えていることが挙げられる。また、それに合わせて日本政府がビザの発給要件を緩和したり、ビザを不要にしていることも大きな要因だといえるだろう。もともと、日本は彼らにとって行きたい旅行先のひとつだったと考えられる。しかし、所得レベルやビザの取得が難しかったことで、日本への観光旅行のハードルが高かったのだろう。しかし、今や所得水準が上がり、日本への旅行も彼らにとって身近になった。これが、観光客急増の大きな理由だといえるようだ。
かつての日本人がそうであったように、最初の海外旅行はパック旅行になる傾向がある。そのほうが安心で、お得感もあるからだ。しかし、2度目3度目となると、より自由な個人旅行にシフトされていくのが普通となる。パック旅行の場合、いくつかの都市や観光地を駆け足で回り、気が付いたらもう帰国していたということになりかねない。その点、個人旅行であればピンポイントで行きたいところ・見たいところに照準を合わせた旅行が楽しめるのだ。このところそんな観光客が増加し、都内のおすすめスポットにも多くの海外観光客が見られる。
豊富な購買力を持つ彼らは、日本経済に大きな影響を与えているといえるだろう。私たちにとって身近で特別なものでなくても、彼らにとっては大きな価値を持つモノやサービスもあるようだ。今後、さらに増加する海外からの観光客を対象にしたモノやサービスを、新たなビジネスチャンスに結びつけることが求められている。